y503unavai..✅ さんはインスタンス toot.redmine.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

y503unavai..✅ @y503unavailable@toot.redmine.jp

RedmineのサブPJカテゴリ継承機能改造、対応完了。 3.4.6ベース
(Version現行コードのIssueCategory取込みで対応)

網羅的なテスト/テストコード作成は実施せず、本家取込みメドは立っていません。
必要な方は自己責任でご利用ください。

github.com/y503unavailable/red

Share Issues Categories for sub-projects(11898,5358) for Redmine 3.4
github.com/y503unavailable/red

画面のエビデンスは下記参照
twitter.com/y503Unavailable/st

一応動いたので、一休みして広報活動中。
某unofficialなレポジトリのinheritブランチ、天日に干して蟲出し中。。(のつもりw)
🕷 🕷 🕷 🕷 🕷 🕷 🕷 🕷 🕷 🕷

Redmineのロードマップ、
各バージョンにチケット番号+題名しかないけど、
量が多いと、カテゴリ程度の情報が無いと把握しにくいな。
予実情報も見たいところ。
(チケットのクエリで代替可能ではあるが)

Redmine4.0のロードマップ(3桁)から内容探そうとして挫折した次第。

redmine.org/projects/redmine/r

Redmine inherit-category (Redmine3.4対応)

最初の一歩として、githubにissueとbranch作成した。

github.com/y503unavailable/red
Share Issues Categories for sub-projects(11898,5358) for Redmine 3.4

github.com/y503unavailable/red
(unofficial-34から)

いろいろと引っ掛かると思うので、ご指導よろ。

まずはDBのmigration入れよう。

Redmineで、VersionにあるSubpj継承機能がcategoryに無い件
本家vote count 第2位ですが、実現の見通しは立っていません(本家11898,5358)

2.6用パッチ(11898)は、3.Xに適用不可
誰かがpatchが作るのを待ち続けるのも芸が無いし、
一緒にやってみよーって人いませんかね。
単なるタダソフトではなくOSSなんだから。

versionの処理をcategoryに移植して対応できないかな。

本家元チケット
Inheritable issue categories
redmine.org/issues/5358

Share Issues Categories for sub-projects
redmine.org/issues/11898

Redmine+SVNのパッチではなく、GitHubでPR受け付けます。

個人的にはSubPJのカテゴリ全部継承でも構わないので。
UI/DB対応抜きで簡略化する方法もあるな。

apahce+passenger(5.1.12)でサブディレクトリでredmineが動かないとのこと。
redmine.tokyo/issues/812

何かありますかねえ。。

5/26のredmine.tokyo勉強会、
キャンセル待ち大幅減少、
リモート枠あり、
興味ある方はどうぞ。

UnofficialCookingチケットをデモ環境へのコピーし、vote機能、vote結果表示できた。
(元文書のリンク情報は未対応)
問題はRTが2から増えないことだな。。orz

v150-95-132-241.a07d.g.tyo1.st

Redmine.Tokyo 第14回勉強会の申込ID/受付番号でログインできます。

情報元ネタ
redmine.tokyo/projects/unoffic

toot.redmine.jp/media/-WeZX5oi

第14回勉強会のデモ環境とTokyoのRedmineで、Issueの表示/ステータス更新できた。(Python)
頑張れば、UnofficialCookingの内容をデモ環境にコピって、vote機能で投票できそう。
RT5個超えたらやるのでよろしくw

参考
redmine.tokyo/issues/298 vote機能
v150-95-132-241.a07d.g.tyo1.st 第14回勉強会デモサイト
redmine.tokyo/issues/699 Redmine以外でのデータ表示/操作例

Redmine本家はREST-APIKEY無いんですかね。。

edmine REST APIの使用例を探してみた。
Excel,Ruby,Javascript,golang,Angular,python,Node-Red,Java,Powershell,Outlook/VBA,Electron (順不同)
こんなにあるとは思っていなかった。
誰しも自分の畑から利用したいもの。

redmine.tokyo/issues/699

Redmine以外でのデータ表示/操作例(REST等)
手元のメモが14件に達した。26日には更に増える見込み:-)
redmine.tokyo/issues/699
人の目に触れない物もあるだろうし、これで陽が当たれば良いなと。

5/26のRedmine.Tokyo 第14回勉強会まで、あと2週間に切りました。
redmine.tokyo/versions/30

参加できなくなった場合は、キャンセル処理お願いします。
今回のテーマは『Redmineとその周辺ツール活用事例』です。
リモート参加枠あり、遠隔地の方はどうぞ。

デモサイトも建立済
http://150.95.132.241/redmine
ログインID=connpassのID、パスワードはconnpass受付番号

↓過去宣伝
twitter.com/y503Unavailable/st

tshark -x で見ると、
API-KEYが無いとしか思えず。。

PC→Redmineの送信時
OPTIONS /redmine/trackers.json? HTTP/1.1..
Host: 133.130.103.182
Connection: keep-alive.
Access-Control-Request-Method: GET
Origin:http://localhost:4200.
戻りが
HTTP/1.1 404 Not Found..

デモ環境に下記設定した。

Syntax highlighter: replace CodeRay with Rouge
redmine.org/issues/24681

Redmine Rouge Syntax Highlighter
github.com/alexbevi/redmine_ro

redmine.tokyo 第14回勉強会2018/5/26(土)用のデモサイトを作成しましたのでご利用ください。

v150-95-132-241.a07d.g.tyo1.st

ログインID=connpassのID、パスワードはconnpass受付番号
(キャンセル待ち受付中、リモート/補欠者もID登録済)

テーマは5個からランダム配置。どれに当たるかはログインしてのお楽しみw

REST有効化済、後は使うだけ。

前回勉強会時作成資料(今回は発表無し)
t.co/cIqZ04YKUC

全世界(日本語圏)のRedmineユーザの皆さーん

redmine.tokyo 第14回勉強会、2018/5/26(土)開催!
キャンセル待受付中
redmine.tokyo/versions/30

テーマ:「Redmineとその周辺ツール活用事例」
講演3本、LT8本、豪華登壇者によるGit連携パネル!

リモート枠有、遠隔地の方もどうぞ。

@maeda 5月のRedmine.Tokyo勉強会、ファーエンドさんの参加は、前田さんと、かおらべさんだけですか?
いつももっと来られているので。登録漏れがあれば、早めにお願いします。

通訳はスポンサーいないと無理でしょう。。
機械翻訳の精度も向上していますが。
japanese.engadget.com/2017/04/

今回のRedmine.Tokyo勉強会、想定参加者層を大幅に拡げています。以下抜粋転載

twitter.com/y503Unavailable/st

>全世界(日本語圏)のRedmineユーザの皆さーん
>YouTubeLive中継有り、遠隔地の方も参加ください。
>リモート参加登録頂くと、勉強会用デモサイトにID登録します。

---

>勉強会リモート参加枠が公式になった訳で、
>どうせなら、JPLがリモート参加登録してくれたら面白いな。
>(JPLの招聘はRedmineTokyo設立時からの目標)

>日本時間は仏独より 7 時間進んでおり、昼一は無理でも、途中からなら可能だと思う。

と言っても、connpassが英仏対応していないと申し込みは無理だな。。
YoutubeLiveの視聴は可能だから、お言葉頂けたら楽しいな。

RedmineTokyo第14回勉強会、参加者85人到達。(講演者含、リモート除外)

今回の勉強会では、サテライト会場として別会議室を準備することで、募集定員を増加しました。(YouTubeLive上映)
メイン会場は先着順なので、満席になるとサテライト会場になります。

redmine-tokyo.connpass.com/eve