前田 剛 / MAEDA Go is a user on toot.redmine.jp. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

前田 剛 / MAEDA Go @maeda@toot.redmine.jp

プロジェクトからメンバーを外す操作、グループからユーザーを外す操作が "Delete" なのは本当にユーザーが削除されそうなので、"Remove"に変えたい。

sonydna.com/sdna/solution/pr_l

ただ、英語をRemoveに変えたとして、では日本語は「削除」から何に変更すべきか今のところいいのが思いつかない。「解除」とか?

Redmineのチケットの「注記」を「コメント」に変更することを提案するチケットを作りました。

Patch #30170: Change Japanese translation for "note" - Redmine redmine.org/issues/30170

英語の画面だと "note" なので、それの訳として「注記」は辞書的な意味では間違っていないのですが、「注記」という言葉はあまり馴染みがないと思いますし、多くの人は会話では「注記」ではなく「コメント」と呼んでいるように感じます。

Webシステムのこの手のフィールドが「コメント」なのは多くの人にとってしっくりくるのではないかと思います。

賛否の意見をチケットに描いていただけると助かります。

Redmine Advent Calendar 2018 9日目書きました。いい日に当たったw

step by step: 祝 Redmine 4.0.0リリース! two-pack-sbs.blogspot.com/2018

Redmine 4.0.1向けのDefect一番乗り。なぜ昨日気がつかずに今日気づくのか…

redmine.org/issues/30161

Redmine 4.0がリリースされました。また、同時に3.4.7と3.3.9もリリースされています。昨年7月の3.4.0以来、一年以上ぶりのメジャーバージョンアップとなりました。

▶ Redmine 4.0.0, 3.4.7 and 3.3.9 released
redmine.org/news/119

Redmine 4.0の改善点のいくつかは以下の資料で解説しています。

▶ Redmine 4.0 おすすめ新機能 ピックアップ(第2版)
slideshare.net/g_maeda/redmine

また、その中から特に個人的に気に入っている機能をピックアップして以下のページで紹介しています。

▶ リリース間近のRedmine 4.0.0 前田の個人的お気に入り新機能7選
farend.co.jp/blog/2018/10/redm

手っ取り早く4.0を試してみたい方は以下のデモサイトをご利用ください。

my.redmine.jp/demo/

昨日redmine.orgのリポジトリに 4.0-stable ブランチができたことで、Redmine 4.0.0は feature freeze となりました。4.0.0向けの新機能追加は原則として終了し、リリースがいよいよ間近となりました。次の週末あたりにリリースされることを願っています。

これまでリポジトリのtrunkにコミットしたらチケットの対象バージョンを4.0.0にセットしていましたが、今日からは4.1.0にセットしています。4.0.0はまだリリースされていませんが、コミッターにとっては4.1.0の開発が始まっています。

Redmine 3.0以降、stableブランチが作られてからリリースまでは短くて1日、長くて1ヶ月。4.0はできれば明日、遅くとも来週には出ないかな。

3.4.0: 7日後: 2017-06-25 (r16686) → 2017-07-02
3.3.0: 29日後: 2016-05-21 (r15421) → 2016-06-19
3.2.0: 8日後: 2015-11-28 (r14894) → 2015-12-06
3.1.0: 28日後: 2015-06-28 (r14379) → 2015-07-26
3.0.0: 1日後: 2015-02-18 (r14029) → 2015-02-19

4.0-stableブランチ、来た。

Revision 17698 - Created 4.0-stable branch. - Redmine redmine.org/projects/redmine/r

Rails 5.2.2に上げてからCIサーバでSQLite3でのテストが通らなくなった。手元の環境だと問題なし。原因不明。

redmine.org/builds/logs/build_

Redmine Advent Calendar 2018、先週は空き枠が目立ってたけど、今日見たら残り3枠になってた。よかった。

adventar.org/calendars/3352

rvm get head
rvm install 2.6.0-rc1

ruby-2.6.0-preview2 で Redmine trunk のテストは無修正で通った。

Feature #30118: Ruby 2.6 support
redmine.org/issues/30118

日時が関係するパッチは、日本時間午前0時から朝9時の間にテストしてみるのがよさそうということがわかった。

UTCでは日付がまだ前日の時間帯。

redmine.org/issues/3322#note-3

Textileだとpreの中で連続する改行が保持されない。

Defect #30099: Consecutive line breaks in a pre element are not rendered in Textile
redmine.org/issues/30099

今日もお問い合わせをもとにRedmine公式サイトにチケット作成。

Feature #30086: Use HTTP status code 403 instead of 401 when REST API is disabled
redmine.org/issues/30086

REST APIが有効になっていないときに /issues.xml などAPIのURLにアクセスすると 401 Unauthorized が返されるので、ブラウザでアクセスしている場合はbasic認証のダイアログが延々表示される。ユーザー名かパスワードが誤っているように見えるので、REST APIが無効になっていることに気がつきにくい。

Redmineの全プロジェクトのチケット一覧をCSVエクスポートしようとするとInternal Server Errorが発生するという問い合わせをうけてログ見てみたらCookieOverflow例外が発生してて、さらに調べたら一年前に見てたDefect

Defect #26785: Wrong columns after CSV export
redmine.org/issues/26785

CookieOverflowから始まって思わぬチケットにたどり着いた。

Redmine Advent Calendar 2018 の2日目の記事を投稿しました。

昔の大事な話をちゃんと記録しておこうと、この機会にまとめてみました。

Redmineの "Issue" の日本語訳はいかにして "チケット" になったか | Redmine.JP Blog
blog.redmine.jp/articles/japan

RedmineとMattermostとCTIを連携してチケット代理起票をサポートする qiita.com/8amjp/items/bdc7f289

私の職場では、サポートデスクが受け付けた質問や要望をRedmineで管理してるので、こういう仕組みが欲しかったんです。なので作りました。