前田 剛 / MAEDA Go さんはインスタンス toot.redmine.jp のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

前田 剛 / MAEDA Go @maeda@toot.redmine.jp

プロフィールページの「担当しているチケット」「作成したチケット」のリンク、便利だけどあまりめだたないので、もう少し目立つようにならないかなと思い、テーブル形式で表示するパッチを送った。

Patch #30421: Issue tracking table on user profile page
redmine.org/issues/30421 toot.redmine.jp/media/J_85EoSr

redmine.orgで30000のキリ番のチケットは何になるのか気になってる。 あと62。

「Redmine シンタックスハイライト」で検索すると、候補に C#、vb、bash、diff がでてくる。

3.4だとそれらのうち diff だけ対応してますが、4.0は C# も VB も bash も対応します。

チケットにリンクするとき、チケット番号だけではなくてトラッカー名と件名も表示されるリンク方法を追加しようという提案。

たしかにチケットの一覧を作りたいときとか便利。

Patch #29488: ##123 syntax for linking to issues with tracker name and subjecthttps://www.redmine.org/issues/29488 toot.redmine.jp/media/g1dG53OK

Maximusさんという方がチャットシステムDiscord上にRedmineのサーバを開設してくれました。そして、その中に日本語用のチャネル freetalk-ja も作ってもらいました。

興味のある方、ぜひご参加ください。
discord.gg/bf6QG9

今日のRedmine日本語文言改善提案。ユーザーの名前を含む文中で、名前の後に「さん」を追加。

Patch #29151: Add honorific suffixes ("san") in Japanese translation redmine.org/issues/29151

このことについて何か言っている人をこれまで見たことないので、誰も気にしてないかもしれない。もしかすると嫌がる人がいるかも。

でも、ちょっとやわらかい印象になって良い気がします。

Redmineの右クリックメニューに項目「日付」を追加するパッチの提案。
これが実装されれば、ガントチャートの画面を離れることなくチケットの開始日・期日を変更できるようになる。理想はドラッグ&ドロップで開始日・期日を変更できるようになることだが、これだけでも大きな改善だと思う。

Patch #28861: Add a date item to the context menu
redmine.org/issues/28861

Redmineのチケット表示画面にコンテキストメニュー表示用ボタンを追加するパッチ、作ってもらった。
これすごく便利。Redmine 4.0.0にぜひ欲しい。

redmine.org/issues/28829#note-

チケット一覧画面の右クリックメニューと同じものが、チケット表示画面で出せるようになったらステータスや担当者だけを変えたいときにすごく楽になるよね、と思ってとりあえず公式サイトに提案チケット作った。

「…」アイコンを右上・右下のアイコンが並んでいるところに追加。そこをクリックすればチケット一覧画面と同じコンテキストメニューを表示。

これ、操作性がすごく改善する気がする。

パッチは社内で作ってもらおう(作ってくれるといいな)。

Feature #28829: Add context menu icon to issue's contextual area
redmine.org/issues/28829

Redmineの後続するチケットの開始日を先行するチケットの期日と同じ日に設定できるようにするパッチが提案されたが、このパッチを適用するとデフォルトで先行・後続のチケット同士がガント上で重なるのでまずいと思う。

ビデオ/オーディオ形式の添付ファイルをRedmine上で再生できるようにするパッチをコミットした。

Patch #27336: Render previews for audio and video files
redmine.org/issues/27336

Redmineのチケットや作業時間の記録をCSVに出力するとき、エンコーディングをUTF-8に切り替えられるようにするパッチをRedmine 4.0.0向けにコミット。

Feature #26279: Allow switching the encoding to UTF-8 when exporting to CSV
redmine.org/issues/26279

現状では言語ごとに固定で、日本語の場合はCP932。中国語などほかの言語のチケットが混在しているときに文字化けするなどの問題があった。また、どのエンコーディングでエクスポートされるのかUIで確認できるようになったのもメリット。

チケット一覧に右クリック相当のボタンを追加するパッチをコミット。右クリックができることがわかりにくいので、よい改善だと思う。

redmine.org/issues/26655

同じチケットに対して複数の関連を設定できるバグについてのメモ。

再現手順:
①2つのチケット、チケットAとチケットBを作成
②チケットBからチケットAに対して関連「次のチケットに後続」を追加
③チケットBからチケットAに対して関連「次のチケットと重複」を追加。

このときのissue_relationsテーブル:
sqlite> select * from issue_relations where issue_from_id = 32 or issue_to_id = 32;
id|issue_from_id|issue_to_id|relation_type|delay
23|32|31|duplicates|
22|31|32|precedes|0

Redmineロゴ入りのQiワイヤレスチャージャー作りました。竹製。iPhone 8、X、一部のAndroid端末で使えます。
toot.redmine.jp/media/u3Ahsbmz

チケットの担当者がグループのときガントチャートの表示が崩れるとお客さんから指摘受けて、全然再現しないなと思ったらtrunkでテストしてるからだった。3.4.4と3.3.6のみで発生。trunkがOKな理由はRailsの仕様変更。

Defect #28204: Too large avatar breaks gantt when assignee is a group

Redmineをワンタイムパスワードに対応させるパッチがredmine.orgに投稿されました。

trunkに適用し、IIJ SmartKeyとの組み合わせで動作確認できました。

Patch #1237: Add support for one time passwords or two-factor authentication
redmine.org/issues/1237

「管理」→「設定」→「認証」で、二要素認証を必須にするかユーザーごとに任意で使用させるか設定します。

個人設定画面で認証アプリの登録を行います。Google AuthenticatorやIIJ SmartKeyなどTOTPに対応したアプリが利用できます。

登録が完了すると、次回ログイン時よりIDとパスワードに加えて、認証アプリによって生成されたワンタイムパスワードが要求されます。

このパッチが取り込まれてRedmineが二要素認証が使えるようになるとログインのセキュリティが高まり、クラウド環境でもより安心して使えるようになると思います。

Redmineを10年使っていますが、昨日初めて知ったこと。ワークフロー画面で緑色のチェックアイコンをクリックするとチェックボックスを一括でON/OFFできる。
もうちょっとボタンっぽい見た目だとすぐ気づくはず。

‪MacBook Proの充電もできるAnkerの大容量のモバイルバッテリー、出先で安心してPC使える。
toot.redmine.jp/media/gKIVlBJo

11月1日・2日に松江市で開催されたRubyWorld ConferenceでRedmineをアピールするブースを出してました。

Rubyのイベントということもありほとんどの方がRedmineをご存じだったので、主にRedmineを改良したクラウドサービス「Planio」の説明をしてました。Planioのチャット機能に関心を持たれる方が多かったです。それと画面のデザイン。